学生ローンアミーゴで追加融資を受ける方法〜事前のチェックが大切〜

学生1

限られたお小遣いや仕送り額でやりくりしていても、サークルの合宿や就職活動の準備資金などの多額の出費でお金が足りなくなるシーンが起こり得るものです。そんな時、学生ローンアミーゴでは追加融資の相談に応じてもらえるのでしょうか?

追加融資を申し込む前のチェックポイントや相談の流れ、仮に追加融資に失敗した際の対応方法について、解説します。

追加融資を申し込む前のチェックポイント3つ

アミーゴでは、追加融資を申し込むごとに都度審査が行われますが、審査に通過するために3つのチェックポイントを押さえておきましょう。1つめは、毎月決められた額の返済を遅れずに行っていることです。学生ローン会社での融資は友人関係ではなく契約関係なので、返済が1度でも遅れると約束を守れない人だと判断され、その判断を覆すには今後の返済を遅れずに続けるしかなく、長い期間がかかります。

また、追加融資の審査が厳しくなってしまいます。2つめは、他の学生ローンやクレジットカードのキャッシング残高を含め、自分の年収の3分の1以内であることです。関連リンク>>学生ローン ... アミーゴ

学生ローンも消費者金融なので、貸金業法で決められた融資上限額が適用されます。アルバイト等によって自力で稼いだお金が年収としてカウントされるので、親や祖父母等からのお小遣いや仕送り額は含まれない点に注意が必要です。

3つめは、追加融資を受けたお金の使い道です。

アミーゴでは借りたお金の使い道が自由とされていますが、学費の支払いや就職活動の費用といった、他人が聞いて納得できる理由であれば、前向きに審査を進めてもらえる可能性が出てきます。反対に、飲み会の費用など我慢できると判断されやすい使い道の場合は、審査が慎重に行われ、場合によっては審査に落ちてしまう恐れも考えられます。

アミーゴで追加融資を申し込む際の流れ

アミーゴで追加融資を申し込む際は、次の流れで手続きを行います。まず、公式サイトの「会員お申し込み」ページから会員番号・氏名・追加融資を希望する金額など必要事項を送信します。個人情報取扱いについて本人の同意が必要なので電話での追加融資申込みはできませんが、公式サイトでの申込み手続後にアミーゴに電話して、使い道を詳しく説明することも可能です。

申込み後は、個人信用情報を確認した上で他社での借入れ有無がチェックされます。携帯電話の機種代金も割賦契約なので、その支払い状況もチェック対象です。30分~60分程度で審査結果が出るので、本人が都合のつく時にアミーゴに電話して結果を確認します。

または、指定日時にアミーゴから電話連絡を受けることも可能です。審査通過後は、最短10分で指定した口座に追加融資額が振り込まれます。

追加融資後の返済プランを考えておこう~アルバイトでの年収は130万円までを厳守~

アミーゴでは毎月1回の返済期日までに、最低返済額以上を返済する必要があります。最低返済額は、借入金額10万円以下の場合は2,550円以上、それ以上は借入金額が10万円増えるごとに2,550円ずつ加算されていきます。

例えば、借入残高が15万円の人が10万円の追加融資を受けた場合、借入金額の合計は25万円なので返済金額は7,650円です。

つまり、借入残高に比例して返済金額も増加します。返済金額を用意する方法の一つとして、アルバイトの回数や時間を増やすことが考えられますが、アルバイトでの年収が130万円を超えないよう注意する必要があります。

学生の場合は親の扶養に入っているケースがほとんどですが、年収130万円を超えると扶養から外れることになるからです。それに伴い、3つの影響が発生します。まず、自分自身で国民健康保険に加入することになります。

国民健康保険の保険料は年間4万円~6万円(月に直すと約3,500円~5,000円)程度なので、アミーゴで20万円借りた場合の最低返済額に匹敵します。

次に、自分自身に住民税と所得税が発生し、自分の責任で納税する必要が出てきます。詳しい計算方法は割愛しますが、住民税と所得税を合わせて年間5万円(月に直すと4,000円)程度負担が増えることになります。そして、親の税金負担も増えてしまいます。

2016年からマイナンバーによる税金関係のチェックが行われていて、アルバイト先が市町村に提出する給与支払報告書を通じて、扶養家族の条件を満たすかどうかもチェックされます。扶養家族の条件を満たさない場合は扶養控除がストップして、その分だけ親の住民税や所得税の負担が増えることになります。

お金の使い道を親から確認される中で学生ローンの利用が発覚するケースが少なくないため、借りすぎには要注意です。

追加融資の審査に落ちた場合に、実行してはいけない行動2つ

追加融資の審査に落ちても、決して実行してはいけない行動を2つご紹介します。いずれも、今後の学生生活・社会人生活や人間関係に深刻な影響を及ぼすものです。まず、ヤミ金融に手を出してはいけません。電話1本で簡単にお金を借りられるようですが、法律で決められた以上(10万円以上100万円未満の融資であれば最大年15.0%の金利)の利息支払いを求められる上、返済が遅れてしまった場合にはしつこく電話連絡が入ったりや自宅・学校へ押しかけられる等、自分一人では解決できない問題に発展します。

友人経由で学生ローンを借りることも、問題行動です。あなたが友人にお金を返さなかったことが原因で、友人が借りた学生ローンの返済が遅れた場合、友人に対して督促が行われ、心理的なストレスを受けることになります。

また、友人の個人信用情報にも傷がついてしまい、今後クレジットカードやローンの契約が難しくなる可能性もあります。その責任をお金で解決することは困難です。

関連記事:学生ローンはアルバイトなしでは借りられない

追加融資の相談は何度でも可能だが、半年以上の間隔を置く必要がある。

追加融資の審査に落ちた場合でも、再度申込むことは可能です。しかし審査に落ちたということは、テストに例えると成績不良の状態であり、審査に通るためには成績アップ、すなわち審査に落ちる原因を改善しておく必要があります。

最初にできることは、借金の残高を少しでも減らすことです。アミーゴに毎月返済する際、最低返済額以上の金額を返済することで元金が減り、融資限度額にゆとりが出てくる分、追加融資を受けやすくなる可能性が見えてきます。

期限に遅れず返済している実績を確認するための期間は、最低6か月と言われています。もう1つは不必要な出費を抑えることです。例えば、スマホの料金プランを見直したり、参加する飲み会を厳選したりすることです。それだけでも、アミーゴでの最低返済額程度の金額は捻出可能です。

追加融資に成功した人も失敗した人も、自分でお金を工面する気持ちを忘れずにお金の計画を立てていきたいものです。